最大限の

サポートを提供

大人グループレッスン

義務教育で何年も英語を勉強したはずなのになぜ多くの日本人が英語を話せないのか?答えは簡単です、話す練習をする機会がほとんどなかったからです。この問題は、シンプルにスピーキングをする時間を増やせば解決できます。皆さんも自信を持ってスピーキングしたいと思いませんか? 英語をもっと話しましょう!

マンツーマンレッスン

仕事のために専門的な英語を学ぶ必要がありませんか?海外旅行のためにレストランで注文する方法やショッピングに役立つ英語を学びたくありませんか?各々の目的が何であれ、メープルイングリッシュスクールのマンツーマンレッスンでは個人レベル、興味、ニーズに合うようにレッスンを調整することができます。

ロールプレイが希望の方でも、自分で選んだ好きなテキストを使用したい場合でも、マンツーマンレッスンではすべてカバーします。

 

どんな英語の目標でも達成するためのサポートを提供いたします。

なぜ?

生徒が個々の英語目標を達成するために、実生活で使う自然な英会話を練習する場所を提供したいという思いが私がメープルイングリッシュスクールを始めた一番大きな理由です。

どうやって?

物事は練習をし続けなければ上手くならないものです。英語をうまく喋れるようになるには話し続けなければならないのです。このため、メープルイングリッシュスクールにおける全レッスンは、子供でも大人でも、できる限り個々のスピーキング時間を最大化するよう設計されています。

英会話スキルを伸ばしたいのであればもっと英語を話しましょう!

英語を

もっと

​話そう

キッズグループレッスン

メープルイングリッシュスクールでは、生後18ヶ月から高校生までの子供たちに英語レッスンを提供しています。他のレッスンと同様に、キッズレッスンの目標は、各生徒が英語を喋る時間を最大化することです。生徒が常に楽しみながら英語を学ぶことができるように、レッスンにはゲームが組み込まれています。生徒は英語を勉強している意識を強く感じること無く、楽しみながらすぐに英語を上達させることが可能です。

2022年1月より、メープルイングリッシュスクールが行うレッスンの大部分は美原の亀田交流プラザで行われることが決定いたしました。

亀田交流プラザは、2020年2月に完成した3階建ての市営施設です。施設内には講堂、体育館、会議室などが設置されており、一般にもスペースが貸し出しされています。1階には小さな図書館があり、本や雑誌、新聞などを借りることができ、このスペースは学生の勉強エリアとしても使われています。また、図書館には小さなカフェが併設されており、アイスクリームやパン、コーヒーなどが販売されています。

 

2階には、18歳までのお子様がご利用いただけるキッズプレイエリアがあります。6歳以下のお子様には、大人の方の付き添いが必要です。小学生以上のお子様は、登録手続きの後、同伴者なしでご利用いただけます。

亀田交流プラザには110台の駐車場があり、8:15から22:30までご利用いただけます。最初の2時間は無料ですが、その後は30分ごとに100円が加算されます。なお、亀田交流プラザの駐車場は満車になることもありますので、予めご了承ください。

先生が英語を母国語としてるか?

英会話スクールを選ぶ際に最も重要な要素です。英語を母国語とする国(カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、アイルランド、南アフリカなど)で生まれ育っていない場合、その方は英語を母国語としていないと言えます。

なぜネイティブであることが重要なのか?英語を母国語とする国で育っていない講師は、英語の細かいニュアンスを理解できていないこともあり、完全に自然な形で英語を話すことができません。わざわざ不自然な英語を学ぶために、時間とお金を無駄にする必要はありません。

発音も、ネイティブスピーカーの先生を選ぶべき大きな理由のひとつです。日本人学習者の多くはRやLの発音に苦労しますが、日本人以外の非ネイティブの人も、特定の音に苦労するのが事実です。皆さんはネイティブスピーカーと非ネイティブスピーカーのどちらの音を聞いて学びたいと思いますか?

英語を母国語としない方が講師を務める英会話スクールからメープルイングリッシュスクールに転校してきた生徒さんのほとんどは…

  • ネイティブスピーカーからの基本的な質問を理解するのに苦労しています

  • 根本の基礎が身についてないので答え方も不自然

  • 発音が不自然であることが多いです

  • 英語の知識レベルが不足していることがあります

 

皆さんが英語を勉強する目的は、ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとるためであるはずです。その目標を掲げているのであれば、英語を母国語としない先生から学ぶというのは完全に遠回りなのです。

​その先生はどのくらいの指導経験がある?

英語を教えることだけに限らず、物事はやればやるほど上手になります。もし、その先生が英語を教え始めて1年や2年しか経っていないのであれば、以下のような経験や能力が足りていない可能性があります:

  • さまざまな個性を持った生徒たちのクラスを管理する能力

  • 様々な文法事項を効果的に説明し、教える方法を熟知

  • 生徒にとって教育的でありながら楽しいレッスンを提供する能力

先生の学歴は​?

日本に住むほとんどの英語講師は、自分の意志で英語を教えている人は少なく、他に選択肢がないから英語を教えているというパターンが非常に多いです。では、なぜこれが学歴と関係あるのか?実際に大学で教育学を学び、教えることに情熱を持っている英語講師は、レッスンにより多くの努力をし、生徒を成功に導くことに努力を惜しみません。一方、英語講師としての仕事が嫌いで、給料だけを求める講師は、できるだけ努力をせず、生徒個人のことも気にかけない傾向が非常に強いのです。

当校の講師

当校の講師は、カナダで生まれ育ったネイティブスピーカーです。自然な英語を学ぶことができます。また、ライアン先生は日本語も話せますので、レッスン内で日本語を使って以下のようなことが可能です:

  • 各レッスンで学ぶ英語表現を日本語で説明

  • 生徒が困っているときは適切にアシスト

  • 生徒がターゲット言語の意味を完全に理解しているかどうかをチェック

英会話スクールを

選ぶ際のポイント